読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

妊娠中の爪水虫治療は塗って治せるクリアネイルショットがお勧め

 

f:id:secondhandcar:20170519135429j:plain

「なんだか最近、足の爪がカサついている…」「痒くはないけれど、白く濁っている…」このような状態に陥っている方は既に爪水虫の初期段階に突入している可能性があります。爪水虫は症状が進行すればするほど塗り薬では改善できなくなり、治療期間も延びてしまいます。また見た目も悪くなるので、早めに対処するように心がけましょう。

 

治療期間が短い!?おすすめの塗り薬とは?

治療薬には塗り薬と飲み薬の2種類があります。

飲み薬は治癒率が高い半面、肝機能障害の副作用や医療費が3~4万円と高額になること、そして定期的な血液検査が必要になるので、なるべく塗り薬で治療したいのがホンネです。

しかし塗り薬では爪の性質上、成分が浸透しにくく効果が見えにくいので、爪水虫が進行している場合は飲み薬で改善しなくてはいけません。「もしかしたら…」と思った時点で、早めに治療へと踏み切ることが大切ですが、やはり中々行動を起こせずにいる方も少なくないでしょう。

 

爪水虫は塗り薬で改善できる!

塗り薬では効き目が薄そう、あまり効果がなさそう、というイメージが強いかもしれません。これは爪の性質上に問題があり、硬いたんぱく質でできている爪に成分が浸透しづらい事が原因で、塗り薬では改善できないというイメージが付いてしまっているのです。

しかし同じ塗り薬でも浸透力特化型で作られている「クリアネイルショット」なら、成分が馴染みにくいという問題を解決しているので、塗り薬に対して期待していなかった方も良い意味で裏切ってくれます。

クリアネイルショットは浸透力特化型で作られているので、従来の塗り薬では難しかった爪への有効成分浸透を可能にしています。これなら悪化してしまった爪水虫も1カ月~3カ月という短い治療期間で改善することができるのです。

また副作用の心配も少なく妊娠中、授乳中の方も使用できるので、妊娠をきっかけに身体の免疫力が下がり爪水虫を発症してしまった方も安全に改善することが可能です。

 

妊娠中は免疫力が落ちています

意外と多いのは、妊娠してから爪が汚くなった、爪水虫を発症してしまった、というケースです。誰かに相談したり、病院に行くことに抵抗を感じ、そのまま放置してしまうと授乳期、子育て中にも悩まされ続けてしまいます。

この時期は使用する薬だって自分のことだけでなく、子供のことも考えながら選ばなければいけません。クリアネイルショットは副作用のリスクも少ないので、体調を崩せない妊娠中や子育て中にも打ってつけです。

早く改善するためにも、やはり早めの治療開始が重要となるので、少しでも違和感があれば迷わずにクリアネイルショットを使ってみてはいかがですか?