読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

妊婦さんや授乳中の方が水虫に感染したときの対処法

 f:id:secondhandcar:20170331110536j:plain

妊婦さんは感染症にかかりやすい?

妊娠すると、体の免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなるんですよ。

妊婦さんが、インフルエンザにかかりやすくなったり、普通の風邪が長引いたりというお話はよく聞きます。

ですから、妊娠中は病気には特に注意が必要なんですね。

 

妊婦さんが水虫に!|感染しやすいのはどこ?

水虫にかかりやすくなるのも例外ではありません。

では妊婦さんが特に水虫菌をもらいやすい場所はどこでしょうか?

様々考えられますが、例えば病院へはよく行くでしょうから、スリッパからの感染は考えられますし、温泉旅行に行けば、バスマットやスリッパは危険ですね。

このように不特定多数の人が使ったり、裸足になったりする場所は感染しやすいです。

 

また、ご家族に水虫の人がいる場合は、家庭内での感染に気をつけてください。特にタオル、スリッパ、バスマットを共有することは、最も感染リスクが高まりますので、水虫の方とは分けて使われることをお勧めします。

 

妊婦さんが水虫になったときの治し方

初期の水虫であれば、病院で処方される塗り薬が一番いいのですが、市販の水虫薬でも十分完治させることは可能だと思います。

薬の上手な使い方は、

  • まずは入浴して、足を石鹸でよく洗います
  • お風呂から出たら、タオルで水分をよくふき取ります
  • しっかり乾燥させます
  • 薬は症状の出ているところだけではなく、その周りも広めに塗ってください
  • 普段から足が蒸れないように気を付けてください

通常の足水虫であれば、この方法で2か月も治療すれば、完治させることができるはずです。

 

しかしもし爪水虫にまで進行してしまうと、治療はもっと大変になりますし、妊婦さんの場合、爪水虫治療に通常使われる飲み薬が使えませんので、お医者さんとよく相談の上、治療方法を決めるのがいいと思いますが、ネットで購入できる爪水虫治療に特化した商品もありますので、気になる方はコチラを参考にしてみてください。

 

妊娠期間中に水虫治療が終わらなかったら?

水虫はできれば、出産前に治しておきたいところなのですが、治療期間が長引く場合もあります。その場合、赤ちゃんに水虫をうつしてしまうことが考えられるので、注意してください。

 

水虫が治らないまま出産した場合でも、出産後に水虫治療はしっかり継続してください。

赤ちゃんに水虫をうつさないようにするためには、

  • 毎日しっかり沐浴させて、赤ちゃんを清潔に保つ
  • 赤ちゃんとタオルなどを共有しない
  • 床や布団の掃除はこまめに行う
  • お母さんの素足が赤ちゃんに触れないようにする

 

基本的に、白癬菌が付着しても、24時間以内にしっかり洗い流せば、水虫を発症する可能性は小さいですので、毎日きれいに赤ちゃんの体を洗ってあげれば、大丈夫です。