読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

妊婦さんのための爪水虫の予防と治し方

f:id:secondhandcar:20170326163228j:plain

妊婦さんは感染症にかかりやすくなっています

妊娠すると免疫力が低下するので、今まで起こらなかった症状が体に出ることが多くなります。

水虫や爪水虫になるのもその一つで、今までにかかったことのない人でも、症状を発症してしまうことがあります。

 

免疫力が低下する原因

ホルモンバランスが崩れている

妊娠すると女性ホルモンの割合が高くなり、ホルモンバランスの崩れた状態になります。

その結果として、粘膜が弱くなり鼻血が出やすくなったり、血液中の水分が増えて血が止まりにくくなったりします。

 

お腹の赤ちゃんを異物とみなす

お腹の赤ちゃんは、お母さんと同じ遺伝子をもっているわけでも、同じ血液型でもありませんので、通常の免疫状態では、母体にとっての赤ちゃんは【異物】とみなされてしまうことで、免疫細胞が反応してしまうのです。

 

細菌性免疫が低下する

妊娠すると細菌性免疫が下がってしまい、病気の原因菌などの排除ができなくなり、その結果、風邪やインフルエンザにかかりやすい状態になります。

また、一旦病気にかかると重篤化しやすくなるのも、特徴の一つで、妊婦さんの風邪が長引くのもこのためなのです。

 

ストレスを感じている

妊娠すると、知らず知らずのうちにストレスを感じることが多くなり、それが理由で免疫力の低下を引き起こすと考えられます。

イライラしながらの生活は、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えませんので、できるだけ穏やかに生活したいものです。

 

妊婦さんの爪水虫や水虫の予防

上記のように、妊娠すると体調に大きな変化が起こります。

特にホルモンバランスの変化や細菌性免疫の低下について良く理解し、できるだけストレスを溜めない生活を送ることで、免疫力を少しでも上げて、感染症にかかりにくい状態を保ちたいですね。

 

妊婦さんの爪水虫の治し方

すでに爪水虫になっている妊婦さんは、胎児への影響を考えると、飲み薬での治療はできませんので、塗り薬で治すことになります。

 

この場合、病院で薬を処方してもらってもいいですし、病院に行くのが恥ずかしいという方や、つわりが酷くて病院に行くことが困難な方は、私がお勧めするコチラのジェルを使われるのも良いと思います。

 

どの薬でも同じですが、爪水虫治療で塗り薬を使うときのポイントは、

  1. 患部をしっかり洗って清潔にする
  2. タオルなどで水分をよくふき取る
  3. しっかし乾燥させる
  4. 薬を患部だけでなく、その周辺にも塗り広げる

 

いかかでしょうか。

大切なのは、白癬菌の好む高温多湿の環境を作らないこと、そして爪水虫の治療にはある程度の長い期間が必要ですから、根気よく薬を塗り続けることです。

 

表面的に綺麗になっても、すぐに薬を塗るのをやめないで、その後数か月は薬を継続してください。