読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

妊娠中や授乳中に私がやっていた爪水虫の治し方や対処法を解説

f:id:secondhandcar:20170322164413j:plain

爪水虫を放置しないでください

爪水虫患者の中には、自分が爪水虫だということを認識しているにもかかわらず、放っておく人もいれば、かゆみがないなどの理由で水虫に気づかないで放置しているケースもあります。

 

妊娠が分かって慌てることに

そんな女性の中には、妊娠が分かった途端に慌てて治そうとして、産婦人科や皮膚科の先生に相談する方が多くあります。

 

しかし爪水虫治療に用いられる飲み薬は、妊婦さんには使えませんので、ただでさえ完治までに半年から1年ほど掛かる治療を、塗り薬で行うことになってしまい、治療期間はもっと長くなってしまうのです。

 

ようやく治療開始です

それでも、いざ妊娠が分かると、生まれてくる赤ちゃんにうつしたくないという一心で、一生懸命治そうとする親心は、とても理解できます。

 

実は私も、過去に同じような経験をした、小さい子を持つママの一人なんです。

 

私も妊娠が分かってから、爪水虫を治そうと努力したのですが、とうとう出産までに完治させることはできず、治療は授乳中にも続けなければなりませんでした。

 

しかし根気よく続けたことで、確実に効果はありましたので、ここではその方法をご紹介したいと思います。

 

私がやったクリアネイルショットとお酢を使った治療

妊娠中だった私が選んだ治療方法は、偶然ネットを検索してたときに知ったクリアネイルショット と、お酢を使った民間療法の両立でした。

 

お酢を使った水虫治療

『酢酸の中では白癬菌は育たない』とか『40度のお酢に白癬菌を20分間浸すと死滅する』などの記事をネット上で見つけましたので、信じて始めました。

 

私の場合は朝起きて、お酢での治療を行います。

  1. 40度くらいのお湯にお酢を入れて、5~10倍に薄めたお酢を、洗面器に作ります(両足が十分に浸るくらいの分量
  2. 両足を浸して、15分~30分くらいおきます(皮膚の状態を見ながら痛いときは無理をしない
  3. 時間になったらよくお酢をタオルでふき取って終わりです(臭いが気になるときは洗い流します)

 

このような方法で毎朝行っていました。

 

夜はクリアネイルショットを使います

毎晩入浴したあとはクリアネイルショット を爪に塗ります。

  1. 入浴後タオルで水分をふき取ってよく乾燥させます
  2. クリアネイルショットを爪が変形しているところに塗ります
  3. 下図のように爪とその生え際部分(爪と皮膚の境目)にもなじませる

f:id:secondhandcar:20170322163028p:plain

このような感じで、毎晩お風呂上りは、かかさずクリアネイルショットを塗っていました。

 

残念ながら出産までに治すことはできませんでしたが、上記の治し方を根気よく続けることで、完治させることができました。

 

同じような悩みをお持ちの方に、少しでも参考になれば良いと思います。