読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

爪水虫と間違いやすい爪の病気グリーンネイルとは?

つけ爪やマニキュアなどを外したら爪が緑色になっていた、という経験がある方はご存知かもしれませんが、爪に細菌が感染することによって、爪が変色してしまう病気に【グリーンネイル】があります。

 

グリーンネイルとは

f:id:secondhandcar:20170315111556p:plain

(出典:中日メディカルサイト様)

 

写真のように爪が細菌の感染により緑色に変色したり、もろくなって割れたりする爪の病気です。

 

スカルプやジェルネイルなどで、おしゃれを楽しむ方が増加するにつれて、近年増えてきました。

 

ネイルをしている方の約6割がグリーンネイル予備軍とされているほど、最近では大きな広がりを見せています。

 

グリーンネイルの原因

グリーンネイルの原因は緑膿菌(りょくのうきん)と呼ばれる細菌が繁殖することで引き起こされます。

 

緑膿菌は身の回りのどこにでもいる常在菌で、普段は害をなすことはないのですが、体の免疫力が低下したときなどに、病気を発症することがあります。

 

発症のメカニズム

グリーンネイルは、緑膿菌がつけ爪と自爪の隙間に入り込み繁殖することで起こるります。

 

つけ爪やマニキュアを長くしていると、自爪との間に隙間ができて水が溜まり、菌が繁殖しやすい高温多湿の環境ができてしまうのが原因となるようです。

 

グリーンネイルはうつる?

グリーンネイルは他の人や、自分の別の爪にうつったりしませんので、ご安心ください。

 

緑膿菌はどこにでもいる常在菌ですので、繁殖の環境や免疫力の低下などの条件が整ってしまったときに、発症するということです。

 

グリーンネイルにかかったら

グリーンネイルは痛みや自覚症状がないのが特徴ですが、もし見つけたときはつけ爪やマニキュアの使用をすぐに中断してください。

 

水仕事が多い方もかかりやすい病気ですので、水仕事を終えた後はよく水分をふき取って、しっかり乾燥させることが大切です。

 

グリーンネイルは放っておいても、自然治癒しませんので、異常を見つけたらまずは専門医に相談されることをお勧めします。