読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

水虫の原因である白癬菌に感染しやすい場所とは?

f:id:secondhandcar:20170310165003j:plain

水虫の原因となる白癬菌は、私たちが普通に生活しているところであれば、どこにでも存在している可能性がありますので、白癬菌に触れずにいるということは、かなり難しいと思います。

 

しかし、その中でも特に感染しやすい場所を知っておけば、そこに行ったときには、いつも以上に予防やケアに取り組むことができるのではないでしょうか?

 

不特定多数の人が裸足でいるところ

水虫の人が裸足で歩いたところには、白癬菌が潜んでいる可能性がとても高いですよ。

例えば、

  • プール
  • 銭湯や大浴場
  • スパ
  • トレーニングジム

 

スポーツや競技

スポーツをしている方も要注意ですね。

例えば、

  • 柔道
  • 剣道
  • 空手やテコンドー
  • 水泳

 

スポーツ関連の場所で言うと、

  • 更衣室
  • シャワールーム

なども、菌を貰いやすいところですね。

 

不特定多数の人が履くスリッパ

今では、公共施設などでは使い捨てのスリッパが置いてあるところも多くなりましたが、そうでないところでは注意が必要ですね。

例えば、

  • ホテルや旅館
  • 人間ドック
  • 職場や仕事での出先

このような場所では、スリッパからの感染もありえます。

 

これらの場所に行った後が大事

このように、白癬菌に感染するリスクは、私たちの日常どこにでも潜んでいますので、白癬菌に触れずに生活しようと思ったら、やれないこと、または行けないところだらけになってしまいます。

 

これでは生活していてもつまらないですし、人生を楽しむことができませんよね。

 

幸い白癬菌は、皮膚に付いたからといってすぐに水虫になってしまう、というような強い感染力を持ったものではありません。

ですから、水虫になってしまうのを防ぐには、毎日しっかりケアすれば大丈夫なんです。

 

水虫予防は簡単です

白癬菌がウヨウヨいるところに行ったから皮膚に付いてしまっているかも?というときでも、水虫予防は簡単にできます!

 

その方法とは....

 

毎日の入浴です!

多分、大部分の方は、毎日当たり前のようにやっていることなのではないでしょうか?

 

実は、白癬菌が肌に付いてから角質の中に侵入するまで、24時間ほど掛かると言われているんです。

ですから、その間に石鹸で洗い流してしまえば、水虫になることはありません!

 

まとめ

水虫予防は簡単で、毎日入浴してしっかり足を洗えばいいだけなんですね。 

 

特に上に書いたような、感染リスクの高い日常のシチュエーションは良く知っておいてもらって、白癬菌が自分に付いてしまう恐れのある状況になったときには、家に帰ったらまず足を洗うとか、入浴時にはいつもより念入りに洗うなどの対策をしてください!