読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中や授乳中の爪水虫って嫌!自宅での治し方と方法

妊婦必見!妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方を紹介!産婦人科も恥ずかしいし、自宅でお酢を使って効果が出ない人は、塗り薬の、クリアネイルショットがお勧めです!!

妊娠中の爪水虫薬の服用は胎児にどんな影響を及ぼすの?

f:id:secondhandcar:20170228150345p:plain

妊娠中の薬の服用が、胎児に悪い影響を与える可能性があることは、一般的に知られていて、これは爪水虫治療のための飲み薬についても同様で、妊娠中の使用は認められていません。

 

妊娠の可能性がある場合でも飲み薬は控えてください

妊娠中の飲み薬の危険度は【使用時期】によってまったく違ってきますよ。

特に注意が必要なのは、赤ちゃんの体がつくられる妊娠初期です。

 

妊娠前

妊娠前に飲んでいた薬が、そのあと胎児に影響を及ぼすことはまずありません。なぜならほとんどの場合、薬は1~2日で体内から排出されて、体に残ることはないからです。

 

妊娠の可能性がある0~3週目

この時期の飲み薬の服用も、胎児に影響を及ぼすことはまず無いと言われています。受精後の2週間は細胞分裂を繰り返す時期で、体の形が作られているわけではないからです。

 

妊娠初期4~15週目

この時期は奇形という意味では、最も影響を受けやすい時期です。赤ちゃんの体や臓器が作られるのがこの頃で、特に4~7週目(妊娠2か月)は危険度が増しますので、注意が必要です。

 

妊娠中期16~27週目

飲み薬の服用が比較的安全な時期だと言われています。赤ちゃんの体や臓器はすでに形成されているので、奇形という意味では心配はないでしょう。

ただし薬によっては、この時期こそ注意が必要なものもあります。

 

妊娠後期28~39週目

この時期の飲み薬の服用は、赤ちゃんに直接的に作用してしまい、その薬の効果がそのまま赤ちゃんに対しても作用してしまうので、注意が必要となります。

赤ちゃんの腎臓にもよくありません。

 

まとめ

このように妊娠初期の中でも、特に4~7週目に飲み薬を服用すると、奇形という意味で、胎児に最も悪い影響を与えるということが分かります。

 

妊娠4週目という早期では、妊娠検査薬も反応しないこともありますので、常に妊娠の可能性がある妊活中に飲み薬を服用することが、いかに危険なことかがお分かりになると思います。

 

爪水虫の飲み薬での治療と、妊活は同時進行では行わないようにしてください。